Loveholic Magic blog "La:blog"
【Loveholic Magic blog】略して「ラブログ」。 世界中に『愛』と『音楽』と『+α』を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
「この世の限り」
この世の限り この世の限り
椎名林檎椎名純平 他 (2007/01/17)
東芝EMI

この商品の詳細を見る

蜷川実花さん監督作品の「さくらん」を見てきました、リハビリがてら。
(仕事休んだのに...スイマセン...)
女の色香が匂い立つ、刹那くも、なんだか爽快な気分にもなれる映画でした。

蜷川実花さんを始め、安野モヨコさんだったり、この映画に関わっているキャストだったり、脚本家のタナダユキさんだったり、スタイリストの伊賀くんだったり、私の好きな人たちばかりが作った映画だったので、どうしても見たかったんです。

で、唯一私の中では無知の領域だったのが、この椎名林檎さん。

デビュー当時の曲とかは、そこそこ知ってはいましたね。でも最近のは全く疎くて。
彼女の歌の世界観って、決して嫌いな世界観では無いんですよ。ただ、彼女の曲というと、ちょっと情念だったり(言い過ぎ?)、ドロドロした感じっていう先入観がどうしても抜けなくて、ちょっと一歩踏み込めなかったというか、踏み込んだらハマってしまって抜け出せなさそうだったというか、まあそんなこんなでちょっと遠巻きに見ていた感じだったんです。でも、この映画を見て、しかもこの映画のエンディングロールで流れる、この「この世の限り」という曲を聴いて、もしかしたらそれは映画を見たせいというのもあるのかもしれないけども、だいぶんその変な先入観が薄れました。
この歌、実は途中から歌詞が英語になるのですが、私の僅かな英語力と想像力で自分なりに解釈をしたかぎり、刹那い気持ちをポジティブに表現していて、その歌詞を斎藤ネコさんの楽曲でコーティングされて、とてもチャーミングな作品だなあって思いました。



何度だって忘れよう。

そしてまた新しく出会えれば素晴らしい。

さようなら、初めまして。

人生コレ、繰り返しですね。
椎名林檎さんとも、皆さんとも、イチゴイチエイです。

【maxi】

スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。