Loveholic Magic blog "La:blog"
【Loveholic Magic blog】略して「ラブログ」。 世界中に『愛』と『音楽』と『+α』を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
新年 初買い
明けました おめでとうございやす!
だらだらと続いてきた長期休暇生活も今日で御終い。
黄昏つつ、2007年 初買いした品々について記しておこうと思います。

昨年11月頃に買い漁り続けていた反動、
と言いますか、要はコレ(例のサイン)が、アレでね。
そんなわけで2ヶ月ぶりくらいの漁にございます。
~・~

Come Into KnowledgeCome Into Knowledge / RAMP

Roy Ayers Music Productions。略してRamp。Roy Ayersはミュージシャンでなく、プロデューサーとして名を連ねています。どうもボクはこの人の音が好きみたいで、試聴して即手に取りました。以前に買ったRoy Ayers UbiquityのEverybody Loves The Sunshineのカバーも入っていて、個人的な繋がりを感じつつ。


Inner FeelingsInner Feelings / Roy Porter Sound Machine

Roy繋がりで、こちらはドラマーのRoy Porter。と言っても、名前も知らなかったんですけどね(恥)。ポップには、「その(CD化の)凄さは、ジミースミスのルートダウン級」と書いてありました。自分はレコードの方はてんでなので、どれだけ凄いのか分からないけど、1枚ん万円級なんでしょうね。75年作との事だけど、もう少し古い感じの音。レコードで聴いたらもっと暖かいのだろうね。渋いJazz Funk。ブレイクがかっこいい。


EmbaloEmbalo / Tenorio Jr.

ちょうど1年から1年半くらい前。Jazz Sambaにはまっていた時期があって、その頃から いつか買おうと思っていた作品。TOWER RECORDで1500円盤で売っていたので、即決。夏のイベントで使ったCarioca Moon / A.Y.B Forceの元ネタはこれだったんですねえ と改めてちょっと嬉しくなりました。



Som ImaginarioSom Imaginario / Som Imaginario

こちらにも奇遇な縁がありまして。Loveholicの初イベントの時に、このSom Imaginarioをかけていて(それに気付いたのもつい先程だったんですけどね)、そんな事は微塵も考えず、試聴して食いついたら、たまたまそうだった という所に、縁を感じますし、やはり自分の好みの音なのだなと思いました。後にミルトン・ナシメントのバックバンドも努めたのだとか。音はRock寄りのJazz(?)。それもサイケデリックな。稀有な音だと思います。


Sitar Beat ~Indian Style Heavy Funk vol.1~Sitar Beat ~Indian Style Heavy Funk vol.1~ / V.A

これまた一時はまっていたエスニックな香りのする音楽。シタールの音が粘りついて離れない、こってりとしたFunk。ブレイクも強烈で、元気じゃなかったら胃もたれしそうな感じです。でも好きなんですよ、こういうの。カレーと同じく病みつきになります。


~・~

2006年は四つ打ちが大流行した、自分音楽シーンでしたが、
2007年はまた生音に戻ってまいりました。
はてさて、この後どんな変遷を遂げていくだろうか。楽しみであります。
本年もよろしゅうに、おたのもうします。

【鳴海】
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。